スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジーデル(ベジデール)ダイエット1日目 断食空腹感は辛くない 

ベジーデル(ベジデール)ダイエット 1日目

beji2-f.jpg


さて、ベジーデルのお味は軽い口当たりでフルーティ、少し甘め
違和感なく飲むことが出来ました。これなら無理せず飲めるわ。

beji4-f.jpg


1回の飲む量は60ml。くっと一息で飲めちゃえます。

置き換えダイエットなので、朝昼夕のうちいつにしようかな、と考えた結果、
朝昼、ベジーデルを飲んで夕食を普通の食事にしました。

届くまではきっちり計画したほうがいいのかな~って思ってたんですけど、
自分の生活スタイルを考えると一番食べたくなるのが夕方。

夕方は家族が目の前で食事するので、つい食べたくなるだろうな~と思い夕食は食事としました。

工夫したのは水分
食事を摂る代わりにお茶、コーヒー、紅茶など
おいしい物を用意しておきました。ジュースはもちろん禁止して。

多少やっぱり口にしたくなるので、おいしい飲み物があると満足感で満たされます
それでひもじい思いはしなくて済みました。

夕食はお鍋。
温まるしたくさん野菜が摂れるからね。

朝昼ともベジーデル、お茶などの飲み物だけなのに全然辛くなかったわ。

おなかが多少空いているんだけど、空腹感が辛いとは思わなかったです。

ベジーデルダイエット中だから、と意識のスイッチが
切り替わったからだと自分では分析。


だって元はぽっちゃりオデブだったんだから。
「我慢」するダイエットは途中でイライラするのは十分分かっていました。

でもべジーデル(ベジデール)に挑戦しようと思うだけで全く意識が変わった。
注文のクリックを押したときにはすでにやる気モード。

だから「我慢」はしないで食事に向き合えたのだと思う。

ただ普通にベジーデルを飲むだけじゃ体重は減らないと思ってました。
それに今までは夕食後おなかがいっぱいになりすぎて、いつもだらだらしてて時間を無駄にしてると
思ってたんだけど、いつもそれも「まあいいっか~」だった。

一度おなかをクリアにすることで、食べ物に対する意識が変わった。

いつもの食事が多すぎていたのは自分でも分かるので、
今回断食に挑戦ということで心の中で
「もう余分なものを食べてまで自分をいじめない」
と決められたのだ。


たくさん食べることのデメリットを十分自覚できて何とかしたいと
深く思えたことが一大決心できたのだと思う。

そこが今までと大きな違いだと思う。

飲むだけで簡単なんだけど、
食べ過ぎてる生活を変えられないのだったらいくらベジーデル(ベジデール)の成分が良くても、
正直ダイエットは出来ないと思う。

断食に挑戦する気持ちにさせてくれた
ベジーデル(ベジデール)を知ることが出来てよかったわ~


▼公式サイトはこちら▼
PCの方→ベジーデル酵素粒


携帯の方→やせたい人必見!集中ダイエット









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。